京田辺の歯医者、わかばデンタルクリニック

メニュー・サイトマップ

包括治療について

皆様にとって本当に必要な
歯科医療をご提供します

皆さんは、
むし歯を繰り返してしまう」ことや
将来自分の歯が無くなり入れ歯になってしまうこと」を仕方のないことだと諦めていませんか?
一度、削った歯は元に戻りません。歯を失わないためにはどうしたら良いのか、患者さんにとって本当に必要な治療とは何か考えた結果、わかばデンタルクリニックでは患者さんの歯の健康を末永くお守りできる包括治療を積極的に行っております。

包括治療とは?

「包括治療」とは、患者さんの疾患を噛み合わせから歯周病まで多角的に診断し、むし歯治療、歯周治療、矯正歯科、インプラント、口腔外科等、様々ある治療から最適なものを複合的に提案する治療です。従来の痛む歯だけを治す治療ではなく、それぞれの疾患の関係性を考慮しながら、患者さんの目指すゴール(健康な口腔)に向けて治療を行います。

お口の機能を全体的に向上させて将来のリスクを減らすためには、小児期の顎の発育から患者さんをサポートすることが重要だと考えています。健全な顎の発達が土台となり、口腔内の健康が守られるのです。

包括治療においては口腔内の情報だけでなく、顎顔面の状態などあらゆる細かい情報が不可欠です。そのため、わかばデンタルクリニックでは、歯科用3DCTやマイクロスコープ・位相差顕微鏡といった設備を整え、しっかりと患者さんの口腔内を検査し、より良い治療計画をご提案させて頂きます。

疾患部分の治療が終わった後も、長期的に健康な口腔内を保てるよう、計画的なメンテナンスの提案・サポートを行わせて頂きます。

包括治療は口腔内を全体的に捉えてあらゆる角度から本当の健康を手に入れる治療法です。

精度の高い包括治療を行うための
最先端の診療機器

歯科用3DCT
多角的に診断するための顎の3Dデータ、横顔のレントゲンを人体に負荷なく撮影可能です
マイクロスコープ
肉眼では見えない部分まで詳細に確認でき、確実で美しい治療を可能にします
位相差顕微鏡
高倍率で鮮明なライブ画像で治療前後の口腔内を比較することができます
口腔内カメラ
独自機能による鮮明な口腔内写真を撮影後、すぐに患者さんにお見せできます
クラスB 滅菌器
ヨーロッパ基準(EN13060)をクリアし、あらゆる細菌を確実に滅菌します
生体モニタ
脈拍・血圧・酸素飽和度・心電図を同時にモニタリングし、緊急時に備えます