京田辺の歯医者、わかばデンタルクリニック

メニュー・サイトマップ

むし歯治療

むし歯の進行

むし歯は、初期の段階では痛みや腫れなどの自覚症状がありません。痛みや腫れを感じるのはかなり進行してしまった状態です。進行すればするほど治療方法が限られてしまうため、普段からお口の状態を確認する習慣をつけて、少しでも違和感を覚えたらすぐにご相談ください。

むし歯の進行

歯の根の治療(根管治療)

歯の根の管を根管(こんかん)といい、根管の中には神経があります。
むし歯が進行し、神経まで達して痛みが強くなると、根管内の神経を取り除く必要があります。神経を取った後、根管内を消毒し、薬を詰めて細菌が入り込まないようにします。これを根管治療といいます。

歯の根の治療(根管治療)

マイクロスコープを用いた再発を防ぐ根管治療

治療を行うには、まず歯の内部の細菌感染部分をきれいに除去する必要がありますが、根管は細く折れ曲がっており、また複雑に枝分かれしている場合もあるため、除去を行うにはミクロン単位での高度な技術を要します。

そのため、当院では根管治療にマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いて根管の細かな部分までを確認しながら治療を行ってまいります。感染源を確実に除去すると共に、健康な部分を削りすぎることもないため、余計な負担をかけません。正確に感染源を除去することで、高い治癒率を得られ、再発のリスクを減らすことが可能です。

マイクロスコープを用いた再発を防ぐ根管治療

痛みの少ない治療

わかばデンタルクリニックではむし歯治療の痛みをなるべく軽減させるため、
下記の診療機器を導入し、痛みの少ない治療を実現します。

光学式う蝕検出装置

光学式う蝕検出装置

光学式う蝕検出装置を使用することにより、見えないむし歯を発見するだけではなく、むし歯の進行度合いを数値で表し、治療の必要性の有無なども容易に判断することが出来ます。検査時はレーザー光を歯にあてるだけなので痛みがなく短時間で結果が出ます。機械による客観的なデータを元に必要以上に歯を削らない治療を実現します。

電動麻酔器

電動麻酔器

電動麻酔で治療時の痛みを和らげます。麻酔液の注入に細い針を使用しておりますので刺したときの痛みを最小限に抑え、機械による一定の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと少ない痛みで注入できます。

Er:YAGレーザー

Er:YAGレーザー

むし歯のう蝕部分の除去やくさび状に削れた歯の表層を除去します。表層にのみ反応し、熱の発生が微小なため、ほとんど痛みなく除去することが可能です。

目立ちにくい詰め物・かぶせ物

目立ちにくい詰め物・かぶせ物

むし歯治療にて歯冠修復を行った際の詰め物・かぶせ物(補綴物) には審美的に優れた白い素材でできたものもご用意しています。

補綴物の見た目が気になる方はぜひご相談ください。