スマートフォン版はこちら

歯周治療

HOME > 歯周治療

歯周病の進行

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。 歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が溜まり、歯肉の周辺が「炎症」を起こして赤くなったり、腫れたりします。 そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯がグラつくようになり、最終的には抜歯をしなければならなくなってしまいます。

歯周病の進行

まずは精密な検査を行います

まずは精密な検査を行います

歯周病は歯を失うだけでなく、心臓病や糖尿病などの全身疾患にも悪影響を与えます。 歯周病は自覚症状が少なく、気付いたときには手遅れになっている場合もあります。 手遅れにならないよう3DCTを使用することで歯の土台である歯槽骨状態など目には見えない部分まで精密な検査を行います。

また、位相差顕微鏡で口腔内の細菌検査を行い、患者さんにご自身の口腔内の歯周病菌の状態を把握していきます。治療前と治療後の動画を比較してお見せできるので治療効果をより実感して頂けます。

精密な検査をすることによって原因を明らかにし、適切な治療方法を提案させて頂くことで患者さんには安心して治療を受けて頂きたいと考えております。

菌を取り除く治療

歯周病の原因菌を取り除く治療法としてEr:YAGレーザー・半導体レーザーによる治療を行います。

Er:YAGレーザーによる治療

Er:YAGレーザーによる治療

Er:YAGレーザーは歯周病の原因菌の温床となる歯石の除去や歯周病菌への照射殺菌に効果があります。水を含んだ生体組織の表層に反応するため、熱の発生が微小で、痛みが非常に少ないのが特徴です。
そのため、疾患部の歯肉整形等、切開を伴う治療においても痛みを抑え、身体に負担を少なく行うことが可能です。

予防も重要な歯周治療です

歯周病は、発生・進行・再発を予防できる病気であるということが、医学的に立証されております。歯周病になりにくい口腔を保つためには、定期的な歯科医師による診断と歯科衛生士によるお口のクリーニングが必要です。

唾液検査

予防治療では、唾液を採取し、むし歯・歯周病の原因菌がいないかリスクを測定します。結果を元に予防治療計画を立てていきます。原因を明らかにし、的確な治療を行うことで早期改善と再発を防ぎます。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC (プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTCとは、歯科衛生士が専用の器具とフッ化物入りペーストを用いて、歯の汚れを徹底的に除去する歯周病の予防管理を目的としてシステム化された予防治療の代表的な治療法です。

歯周病の原因は、歯につく汚れの中にいる細菌です。毎日歯を磨いていても歯の汚れを完全に落とすのは簡単ではありません。歯科医院でPMTCを行うことによって、歯周病を治療し、予防することができます。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

「毎日、きれいに歯磨きをしている」と思っていてもどうしても磨き残しはあります。当院では、患者さんお一人お一人に最適な歯磨剤・歯ブラシを提案し、磨き方を指導しながら一緒に口の中の健康を管理していきます。いつまでも自分の歯で噛めるように、しっかりサポートさせていただきます。

ページの先頭へ