スマートフォン版はこちら

インプラント

HOME > インプラント

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根(チタン製)のことです。

インプラントを顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯をつくります。インプラント埋入のための手術が必要になりますので、治療期間も長くなりますが、入れ歯に比べ自分の歯のように違和感なく噛め、天然歯と同じような生活を送ることが出来ます。見た目も、天然歯に近く審美性にも優れています。

インプラント治療は顎の骨に埋め込んだインプラントが骨と定着するのを待つ必要があるため、ある程度の期間が必要となります。インプラントが骨に定着するまでの期間は個人差があります。

カウンセリングの重要性

カウンセリングの重要性

近年インプラントをご希望される患者さんは増加してきておりますが、当院では、患者さんのご希望だからと言って、すぐにはインプラント治療を開始いたしません。まずはカウンセリングルームにて

  • 「どうして、インプラントをご希望されているのか」
  • 「他にお口の中で気になる部分は無いか」
  • 「治療にあたって不安に感じられていることはないか」

など詳細をカウンセリングさせていただきます。

しっかりと患者さんのお気持ちを伺うことによって、その方にとっての最善の治療方法が見つかります。時にはインプラント治療の前に行うべき治療が見つかる場合もあります。

わかばデンタルクリニックではお口全体を見渡しながら、その時期に患者さんに本当に必要な治療を行ってまいります。

インプラント治療の流れ

Step.1 治療前のカウンセリング

Step.1 治療前のカウンセリング

インプラント治療全般について、患者さんの不安な点や疑問な点について、お答えさせていただきます。

Step.2 口腔内の検査

Step.2 口腔内の検査

3DCTやパノラマ撮影による精密なデータを分析します。

Step.3 治療計画の作成

Step.3 治療計画の作成

検査の結果をもとに、安全・安心で患者さんに無理のない治療計画を立て、ご説明させていただきます。

Step.4 第1次治療・インプラントの埋入手術

Step.4 第1次治療・インプラントの埋入手術

当院ではインプラント手術は2回法を採用しております。
1回目の手術でフィクスチャーを埋めた後、一旦歯肉を縫って閉じます。
手術と言いましても入院する必要はございません。

Step.5 第2次治療・上部構造(人工歯)の作成と装着

Step.5 第2次治療・上部構造(人工歯)の作成と装着

第1次治療終了後、インプラントが骨に定着するのを待って上部構造を装着します。その際に、もう一度歯肉を切ってアバットメントを装着するため、手術が2回必要になりますが、感染が起こるリスクが低くなるメリットがあります。

Step.6メインテナンス

Step.6 メインテナンス

インプラントはむし歯にはなりませんが、細菌感染には弱いため、自分の歯以上の丁寧なセルフケアが必要になります。治療後は、正しいホームケアを行うとともに、医師の指示に従った定期検診が必要です。当院では各患者さんに合わせたメインテナンスプログラムをご提案しますのでご安心ください。

安全で精度の高いインプラント治療のために

歯科用3DCT

歯科用3DCT

3DCT により、インプラント治療に欠かせない顎の形の3Dデータを採取します。立体で顎の形をとらえることにより、顎の骨が少ない等様々なリスクを考えたうえで最善の治療をご提案することが可能となります。

完全個室の手術室

完全個室の手術室

当院には完全個室で、最新設備を整えた手術室がございます。
患者さんには安全で安心な環境で手術を受けていただけます。

生体モニタ

生体モニタ

脈拍・血圧・酸素飽和度・心電図を同時に確認できる生体モニタを整備しています。手術の際の急な体調変化に対応でき、安全かつ安心な治療を提供いたします。

Er:YAGレーザー

Er:YAGレーザー

水を含んだ生体組織の表層に反応するため、熱の発生が微小で、痛みが非常に少ないのが特徴です。身体に負担が少なくて済むため、インプラント手術で歯肉を切除する際に使用します。

術後のメインテナンス

術後のメインテナンス

インプラント周囲炎のリスク

インプラントは、むし歯にはなりませんが、細菌感染には弱いため、自分の歯以上の丁寧なプラークコントロールが必要になります。
プラークコントロールができていないとインプラントが細菌に侵され、インプラント周囲炎となります。最悪抜け落ちてしまう等のケースもあるので半年に1回程度は定期健診を受けていただき、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

インプラント歯周炎を少ない痛みで治療します

インプラント周囲炎になってしまった場合は下記の治療で痛みを軽減し早期治療を目指します。

Er:YAGレーザー・半導体レーザーによる治療

レーザーによる治療

Er:YAGレーザー・半導体レーザーにより、インプラント周囲炎の原因となる歯周病菌の殺菌を確実に行います。また、止血効果が高いため、重度の歯周病で自然出血している場合にも有効です。痛みを伴うことがなく、患者さんへの負担も軽減できます。

光殺菌システム(PDT治療)

光殺菌システム(PDT治療)

歯周ポケット内にバイオジェルと呼ばれる光触媒を注入し、無熱赤色光を照射します。化学反応したバイオジェルから活性酸素が大量に発生しインプラント周囲炎の原因となる細菌を死滅させます。

ページの先頭へ