スマートフォン版はこちら

当院の診療器材

HOME > 当院の診療器材

歯科用3DCT

歯科用3DCT ベラビューエポックス3Df

ベラビューエポックス3Df

包括治療を行う上で、多角的に診られる3Dデータは欠かせないものです。口腔内だけでなく顎顔面の状態を把握し、治療計画を立てていくことが重要になります。そのために、当院では1台でパノラマ撮影、セファロ撮影、CT撮影が可能な「ベラビュー エポックス3Df」を導入し、様々な角度からお口の状態を正確に診査・診断いたします。

体に優しい設計

デジタルテクノロジーを駆使し、より少ないX線照射線量でCTやパノラマを撮影できるX線装置です。

インプラント埋入のシュミレーションに

高解像度の3D画像を得られるため、インプラントのプランニングから経過観察まで、患者さんにも分かりやすく説明いたします。

矯正治療をより確実に行うために

矯正歯科で顎顔面の状態をきちんと把握するために必要な横顔と正面から撮影したレントゲン撮影(セファロ撮影)も可能です。美しく・確実な矯正治療を行う上で欠かせません。

以下の治療に使用します
全治療の診査・診断、インプラント、矯正、口腔外科

マイクロスコープ

マイクロスコープ OPMI PROergo

OPMI PROergo

マイクロスコープを使用することにより、肉眼では見えない部分まで確認することができます。そのため、どんな小さなむし歯も見逃すことがなく、初期段階での発見・治療が可能になります。

削る部分を最小限に抑え、徹底したむし歯の除去を可能にします

むし歯の場所を正確に把握できるため、歯質の除去を最小限にとどめながら、取り残しのない正確な治療が行えます。そのため、将来的にむし歯の再発のリスクを極限まで抑えることができます。

確実で美しい治療を可能にします

肉眼で行う詰め物・被せ物の治療では、小さな隙間が残っていることがあり、適合していない部分から症状が悪化する恐れがあります。マイクロスコープを使用することで、患部を正確に捉えられ、より確実で美しく治療できます。

難易度の高い複雑な歯の根の治療(根管治療)

歯の根元が細菌に汚染されてしまった際に、神経を取り除き歯の根元に薬を詰める根管治療を行います。歯の神経は非常に細く(直径約0.02mm)、歯の根の中で複雑に分岐している場合もあるため、非常に緻密で難しい治療です。
一般的に大きな病巣のある歯の根元の再治療の成功率は60%だとも言われていますが、マイクロスコープを使用した場合、肉眼で見えない根の内部まで見ながら処置ができるため正確な治療が可能になり、成功率も格段にアップします。

以下の治療に使用します
むし歯治療、根管治療、歯周治療、インプラント、補綴・義歯、矯正、口腔外科

口臭測定器

口臭測定器 Oral Chroma

Oral Chroma

口臭の有無や原因を調べる測定器です。
口腔内ガス中の主要な成分とされる揮発性硫黄化合物を三要素のガス(硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイド)に分離しガス濃度を測定します。その結果、口臭の原因が舌、歯周病、体内のどこにあるのかを特定することができます。
また、治療過程における効果や進捗を「数値」と「グラフ」で時系列に表示することで患者さんに治療の効果を実感して頂けます。

以下の治療に使用します
口臭測定、口臭治療

Er:YAGレーザー

Er:YAGレーザー アーウィン アドベール

アーウィン アドベール

歯科医療に最も用いられるレーザーです。
う蝕(むし歯)除去や歯石除去、歯周病菌等の殺菌、歯肉切開・整形、口内炎の治癒促進、メラニン色素除去と多岐に渡り使用します。

Er:YAGレーザーは、水を含んだ生体組織に対する蒸散能力が高く、表層にのみ反応が起こるため、熱の発生が微小で痛みが非常に少ない、という特徴があります。
また蒸散反応が照射部の表層に限定されて行われるため、その他のレーザーに比べ、組織深部への影響が少なくて済みます。歯のエナメル質にひび等が入りにくく、身体に負担の少ない治療が可能です。

以下の治療に使用します
むし歯治療、歯周治療、インプラント周囲炎、口腔外科、審美歯科

半導体レーザー

半導体レーザー EPIC

EPIC

採用されている世界基準の新波長(946nm)はヘモグロビンの吸収が高いため、外科処置と同時に止血することが可能です。通常の治療に比べ、痛みが少なく、治癒も早いので術中もほとんど無麻酔で処置ができます。そのため患者さんへの負担も軽減され、より快適な治療を受けて頂けます。
歯周病の殺菌や疼痛緩和、また、歯肉のメラニン除去やホワイトニングなど、幅広い症例に活用しています。

以下の治療に使用します
歯周治療、インプラント周囲炎、口腔外科、審美歯科

光殺菌システム(PDT治療に使用)

光殺菌システム ペリオウェイブ

ペリオウェイブ

PDT治療とは光線力学療法と呼ばれる薬剤を使わない光による殺菌システムです。抗生物質を使用した薬剤治療では長期使用により耐性菌が産生され、効果が減ってしまいますが、PDT治療は耐性菌が発生せず、また、耐性化した細胞にも効果を発揮します。

当院ではPDT治療に「ペリオウェイブ」システムを使用しています。ペリオウウェイブは人体に安全で、熱による侵襲も無く痛みを伴いません。主に歯周治療、インプラント周囲炎の治療で使用します。

以下の治療に使用します
歯周治療、インプラント周囲炎、口腔外科、根管治療

口腔内カメラ

口腔内カメラ アイスペシャル C-Ⅱ

アイスペシャル C-Ⅱ

口腔内カメラを使って撮影し、患者さん自身に口腔内の状態を分かりやすくご説明させて頂きます。
アイスペシャルは撮影後、患者さんをお待たせせず、すぐに写真をお見せすることが可能です。撮影距離や倍率に応じてフラッシュの発光量を自動調整する独自の機能により、見やすい写真でご説明いたします。

以下の治療に使用します
全治療の際に必要に応じて

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡 ペリオスコープ

ペリオスコープ

口腔内の細菌検査を行い、歯周病菌を確認する顕微鏡です。 高倍率で鮮明なライブ画像と豊富な臨床データベースを最大4分割して比較することにより、患者さんにより分かりやすくご自身の口腔内の現状を把握して頂けます。また治療前と治療後の動画を比較することで治療効果をより実感して頂けます。

以下の治療に使用します
歯周治療

クラスB 滅菌器 (プレストバキューム式オートクレーブ)

クラスB 滅菌器 (プレストバキューム式オートクレーブ)

BC-17

患者さんには安心して治療を受けて頂けるよう厳しいヨーロッパ基準(EN13060)をクリアしたクラスBの滅菌器を使用しています。エアータービンやハンドピースなど、複雑な構造の治療器具に対しても、蒸気が器具の内部まで入りこみ滅菌することがで可能です。 一般的に使用されている滅菌器に比べ、あらゆる細菌を確実に滅菌することができます。

以下の際に使用します
患者さんお一人に対して使用するすべての治療器具の滅菌

ウォッシャーディスインフェクター

ウォッシャーディスインフェクター

WD-150

インスツルメントやハサミなど、先端が鋭利な器具の手洗いによる洗浄は感染の原因になる危険性があります。当院では、全自動のウォッシャーを導入することで、感染の問題を解決するだけでなく、手洗いに割いていた時間を患者さんの診療やケアの向上に努めさせて頂いております。

以下の際に使用します
患者さんお一人に対して使用するすべての治療器具の洗浄
ページの先頭へ